スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

ミックが。

ブログの方、すっかりご無沙汰しております。

今朝PCを立ち上げてすぐにミック・カーンの訃報に触れ、しばらくはただ「嗚呼…」としか言えませんでした。

It's with profound sadness that we have to inform you that Mick finally lost his battle with cancer and passed away peacefully at 4.30pm today, 4th January 2011 at home in Chelsea, London. He was surrounded by his family and friends and will be deeply missed by all.

Posted: 4th January 2011

http://www.mickkarn.net/index.htm


SteveとDavidそしてSamadhisoundのサイトに掲げられた訃報は全て同じ文章ですが、それぞれ異なるミックのポートレートが添えられています。それらを眺めていたら、様々な想いが浮かんでは消えていきました。

Mick Karn July 24th 1958 - January 04th 2011
04.01.11

It is with profound sadness we announce the passing of mick karn after his battle with cancer.

Several months after having been diagnosed with terminal cancer mick finally succumbed to the illness at 4.30pm on 4th Januray 2011 at his residence in Chelsea, London. He is survived by his wife Kyoko, and his son Metis. May his suffering be at an end, may he find eternal peace. Donations may still be made in support of his family here

stevejansen.com
davidsylvian.com
samadhisound.com


今はまだMickの音楽を再生する気持ちになれませんが、頭の中でSons of Pioneersのベースラインがずっと鳴っています。それに続いて、Davidの歌うような呟くような声が。彼らの音は互いに屹立する存在感を放ちながらそれぞれの時間と空間で歩を進め、山水画のような峻厳な間を作り出しています。あんな音をポップミュージックの土俵に乗せてしまうなんて、彼は、彼ら(メンバー全員)は、紛れもなくSons of Pioneersでした。

たくさんのものを、ありがとう。
痛みや苦しみから解放されて、どうか安らかに。。。
スポンサーサイト
2011年01月05日 | Comments(12) | 音楽[K]

ミック本人のコメント

今朝起きて気づいたのですが、バタバタしていたので記事にするのが遅れました。

Message from Mick : Footnote
Your comments and well wishes have left me speechless, in the same way that our news had affected you. The support and love you give me is felt by all of us here, every day.

At the time of first posting my news I was striving to obtain a medical card that would pay for treatment here in Cyprus and I am pleased to say that in recent days, since becoming officially diagnosed through a series of specific tests, the state will now take care of my basic medical costs, including referrals to Hospitals within the EU in the event that any procedure cannot be carried out here in Cyprus. This is great news and comes as a genuine relief but I wanted to make clear that the donations that have been received will remain in a fund which will be used to augment the state care and allow me to look into alternatives that will help my fight with cancer, including options such as advanced treatments in the USA and other non-state-funded medical alternatives. It also affords me some peace of mind as, during this difficult time, I am not able to provide for my family's needs in a way that I would otherwise wish, and their security is my primary concern now. Obviously, their lives are dramatically impacted upon by my condition and your kind support helps me to feel that they will be able to manage a little better if I am not able to be with them.

I hope this makes sense to all of you who have made a donation because words cannot truly express the full scope of my gratitude and feeling of good fortune to have so many friends, both near and far, familiar and undiscovered until now, who are willing to help us out in this incredible way.

Posted: 14th June 2010



そして、早々にhttp://narajin.net/さんが日本語訳を掲載してくださっています。→「ミックからのメッセージ:補足(日本語訳)」

jinさん、拙ブログの「ミック・カーンが癌で闘病中」をリンクしてくださり、どうもありがとうございます。
2010年06月16日 | Comments(5) | Trackback(0) | 未分類

David Sylvian / A Certain Slant Of Light (For Mick Karn)

http://www.davidsylvian.com/news/a_certain_slant_of_light.html

上記リンクより、シルヴィアンがエミリー・ディキンソンの詩を歌った曲のmp3をフリーダウンロードできます。
そして、「MKA(Mick Karn Appeal)への寄付をご検討ください」と。

2010年06月12日 | Comments(0) | Trackback(0) | 音楽[S]

そろそろ予約をしなくては

デヴィッド・シルヴィアン主宰のレーベルSamadhiSoundから3枚も新譜が出るので、そろそろ予約しようと思います。
それにしても、たまにしかリリースしない小規模レーベルなのに、なぜ5月に一気に3枚なんでしょうね(笑)?
相変わらずアートワークが美しくて、手元に届くのが楽しみです。
来月はデヴィッドのコラボ盤も出るので、そちらも待ち遠しいですし♪

まず、ノルウェーのミュージシャン・プロデューサーで、Punktの片割れであるJan Bangの"...and Poppies from Kandahar"。デヴィッドのリミックスやPunkt、Arve Henriksenなどで彼の音は色々聴いているはずですが、ソロ名義でどんな音なのか興味があります。

PunktのMyspace

そして、Akira Rabelaisの"Caduceus"。やはりSamadhisoundからリリースされた前作"Spellewauerynsherde"(このスペリング絶対憶えられない!)は、アイスランドでフィールド・レコーディングされた音源をベースに構築された神秘的な音でしたが、今回はどんなアプローチでしょうか?


さらにno-input mixing board(ミキサーを楽器として使用し、外部音源を入力せずミキサー内部のフィードバックをコントロールして演奏)の中村としまる"Egrets"。

2010年05月19日 | Comments(8) | 音楽[VA]

David Sylvian / Sleepwalkers トラックリスト('10)

最近こういうネタも全部twitter(拙アカウント@skysongamnesiac)で済ませがちなのですが、トラックリストが出たのでたまにはこちらで。(あ、トム・ヨークのバンドAtoms For Peaceフジロック出演という大ニュースも昨日ありましたね!)

デヴィッド・シルヴィアンのコラボ作品を集めたアルバムSleepwalkersが(HMV.co.jp情報によると)6月23日にリリースされます(日本盤@P-Vine)。オフィシャルよりも先にトラックリストもHMVにアップされました。amazonは4月29日現在まだ掲載されていないみたい。

1. Sleepwalkers
2. Money for All
3. Ballad of A Deadman
4. Angels
5. World Citizen (I Won't Be Disappointed)
6. Five Lines
7. The Day the Earth Stole Heaven
8. Playground Martyrs
9. Exit/Delete
10. Pure Genius
11. Wonderful World
12. Transit
13. The World Is Everything
14. Thermal
15. Sugarfuel
16. Trauma

6曲目five linesが藤倉大(Dai Fujikura)さんとの新曲のようです。
以下、各曲の初出アルバムをリストアップしてみました。
HMVの上記ページでは触れられていませんが、オフィシャルのニュースに"it contains fresh remixes"と書かれていたので、新曲以外の曲の一部はリミックスになるようです。なので、下記アルバムを全て持っているファンもリリースが楽しみなコラボ集になりますね!

1.The World Is Everything - A Samadhisound Sampler
2.Nine Horses / Money For All EP
3.Steve Jansen / Slope
4.Punkt / Crime Scenes
5.World Citizen EP
6.新曲
7.Nine Horses / Snow Borne Sorrow
8.Steve Jansen / Slope
9.高木正勝 / COIEDA
10.Tweaker / 2am wakeup call
11.Nine Horses / Snow Borne Sorrow
12.Fennesz / Venice
13.The World Is Everything - A Samadhisound Sampler
14.Arve Henriksen / Cartography
15.Readymade / Bold
16.David Sylvian / Blemish 日本盤ボーナストラック

最近のデヴィッドは藤倉さんとのコラボが多いようですね。
昨晩のDavid Sylvian.netのツイートでも新曲に取りかかったとの情報が!
こちらも楽しみです♪

davidsylviannet
10:06pm, Apr 28 from Power Twitter
Fresh news: Dai Fujikura played in NYC last night his "ice" chamber piece with DS in audience! Today they start on new DS material. #sylvian

ズラリ並ぶと壮観~(^^;)










2010年04月29日 | Comments(3) | 音楽[S]
 | HOME |  NEXT »»

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。