スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

Clap Your Hands Say Yeah / Some Loud Thunder ('07)

Some Loud Thunder Some Loud Thunder
Clap Your Hands Say Yeah (2007/01/30)
Wichita

この商品の詳細を見る(amazon)

・iTS
・eMusic.com

いやーもう、何なんでしょうね?彼らは(笑)

テキトーぉに、酔っ払いながら気持ちよく歌って演奏しているだけみたいなのに、どうしてこんなに心をぎゅうっと鷲掴みにされてしまうのか。サウンドは村祭りみたいだし、ヴォーカルなんか声裏返りまくりでヘロヘロなのにねぇ(苦笑)。

このヘロヘロに耐えられるかどうかで好き嫌いが大きく分かれるでしょうが、私は陥落です。聴けば聴くほど、どんどんどんどん好きになる。

机の前にジッと座って考え込んでいるうち、いつの間にか眉間に縦ジワくっきり、肩や首はコッチコチ。そんなアナタにも、Clap Your Hands Say Yeahが効くかも。ネジが何本か抜けたようなゆるゆるサウンドに体を揺らせば、胸の奥から手足の先まで、じんわりと温かくなってくるはず。

しかも、最初はただの楽しい村祭りのつもりが、いつの間にかサイケデリックな世界に迷い込んだり、妙にせつないノスタルジーにかられて不覚にも涙しそうになったりするんだな。
なんか、くやしいぞ(笑)。でも、降参。

ということで、ファーストの曲ですが、Is This Love?をどうぞ。


お次はやはりファーストからOver And Over Again


彼らはNYの5人組。1月に発表されたセカンド・アルバムSome Loud Thunderには、ファースト以上にヴェルヴェット・アンダーグラウンドからトーキング・ヘッズを経由したNYの音の系譜が息づいているように感じられました。ただ、ヴェルヴェッツやヘッズのような世界観は……?やっぱり、ただの村祭りかもしれない(笑)。でも、祭りという混沌とした空間は何が生み出されるのか計り知れないエネルギーを秘めた境界領域です。今後のClapから何が飛び出てくるか期待しつつ、まずはファーストとセカンドを存分に堪能することにしましょう。

そうそう、るきさんの「憂鬱天国-my blue heaven-」記事が面白かったので、ぜひ。

ファーストはこちら↓
クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー
クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー (2006/01/18)
コロムビアミュージックエンタテインメント

この商品の詳細を見る(amazon)

・iTS
・eMusic.com

Clap Your Hands Say Yeah オフィシャル

Clap Your Hands Say Yeah @ Myspace
フレンド・リストにArchitecture In Helsinkiが並んでいるのを見て、ニヤリ。ゆるゆるさん同士がきちんと繋がってるんだもの♪
スポンサーサイト
2007年02月11日 | Comments(3) | Trackback(1) | 音楽[C]
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。