スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

Charlotte Gainsbourg / IRM ('10)

前作より約3年ぶりの、シャルロット・ゲンズブールのアルバム。
ご存知の通り、ベックが作詞・作曲、プロデュースで全面的にサポートしております。

先行でダウンロード提供されていたIRM(曲)や、ビデオが公開されたHeaven Can Waitを視聴し、「ベックそのまんまで、シャルロットの持ち味ゼロだな~」としか思えず、リリース前からテンションが下がってしまったので、やや遅れて入手しました。ベックもシャルロットも両方好きなのですけどね。

前作「5:55」は、エールの2人とジャーヴィス・コッカー、ニール・ハノン、プロデューサーのナイジェル・ゴッドリッチが、総力をあげてシャルロットの持ち味、彼女からインスパイアされるイメージを形にした作品だったと思います。しかし「IRM」は、アルバムを通して聴いても、やはり、ベックのアルバムとしか思えません(笑)。ただし、シャルロットが関わっている意味が全く無いかというと、そうではなく、シャルロットがいることで、ベックのアウトプットの幅が広がった部分もあると感じました。ベックのアルバムfeaturingシャルロット、というスタンスで楽しめます。

それにしても、アマゾンには「本作はベックが全曲書き下ろし、プロデュースも手掛けている。」(日本盤解説)、"He wrote all of the music and co-wrote the lyrics and produced and mixed the recording. "(US盤解説)と書かれているのですが、なんでこんな間違いが堂々とまかり通っているのでしょうか(2010年2月7日現在)。3曲目のLe Chat du Café des Artistesはカヴァー曲なのに。You Tubeにアップされていたこの動画では、Jean-Pierre Ferlandのオリジナルと、シャルロットのカヴァーバージョンを続けて聴くことができます。うーん、とても親切な投稿者さん!



カナダのシンガー、フェルラン氏の名前自体IRMが出るまで知りませんでしたし、もちろんオリジナルを聴くのも初めて。70年代フレンチポップスの香り漂うロマンティックなメロディーと、重いストリングスのフレーズの絡みが何とも言えない、いかにもベックが好きそうな曲だと思いました。
これまでセルジュ・ゲンズブールのMelody NelsonがSea Changeに与えた影響については色々なところで語られていましたけれど、Paper Tiger って、まんま、Le Chat du Café des Artistesの前半部分じゃないですか。この2曲を続けて聴くと、ものすごく自然に繋がりますよ~。ネコが紙製のトラにメタモルフォーゼ?



シャルロットは、本当はレディオヘッドにプロデュースして欲しかったという噂です。アルバムまるごとはどうだろう?と思いますが、1曲位はトムとデュエットとか、聴いてみたい気もします。トムのこれまでのデュエットって、ビョークしかり、P.J.ハーヴェイしかり、力強い女性ヴォーカルの半歩後ろから細~い声で付いていきます…みたいな感じでしたがw、シャルロットと囁き合戦もアリかも。いえ、完全妄想ですが。





スポンサーサイト
2010年02月07日 | Comments(0) | 音楽[C]

Charlotte & Beck

いつもベックに関する詳細な情報をアップされているROSEMINT cafeさんで知った情報ですが、ベックがCharlotte Gainsbourgの次のアルバムのためにシャルロットとコラボレーションしているとのこと♪

Nigel Godrichプロデュース、ベックの父David Campbellがストリングで参加していたシャルロットの前作5:55(2006年発表。なんとセカンドアルバムにして、ファーストから20年経ってからのリリース)も、すごく好きなアルバムだったので、期待が高まります。
前作にAirやJarvis Cocker(ex-Pulp)、Neil Hannon(The Divine Comedy)が提供した音や歌詞はシャルロットの魅力をとても良く引き出していましたが、ベックはどんなアプローチでいくのかな?
英語詞ではなくフランス語だともっと嬉しいのですが。
やっぱり、耳がくすぐったくなるフランス語の響きが好き(≧v≦)

シャルロットの前作5:55より
The Operation

素晴らしいビデオ!と思ったら、監督がJean-Baptiste Mondinoらしいです。
もう全面降伏。
素敵すぎ!

The Songs That We Sing


5:55

こちらはシャルロットの夫、イヴァン・アタルが監督。
イヴァンらしい視点がてんこもり?(笑)

5:555:55
(2008/03/03)
Charlotte Gainsbourg

商品詳細を見る


2008年11月21日 | Comments(14) | 音楽[G]

ああ、東京(泣)

2009年3月のベックツアーのイープラス先行予約が昨日から始まりました(~10/20 18:00まで)。
発表された時から「……」と思っていたのですが、仙台・大阪・名古屋はZeppなのに東京だけNHKホールなんですよね(><)。
前回のツアーもこのパターンで、武道館が最初に出て、後でZepp東京やリキッドが追加されました。
やっぱりベックは椅子のある会場よりもZeppあたりで見たいな~。
万一追加が出ないリスクを考えるとNHKホールを押さえないわけにもいかないし。(^ ^;)
前回は武道館を押さえてから追加で出たZeppも買って、Zeppで先に見たらあまりにも楽しかったので、売ろうかと考えていた武道館も結局行ってしまったのでした。
音楽貧乏なので、RadioheadとSylvian&Steve Jansen関連以外はなるべく1アーティスト1回に抑えようと思っているんですけど。。。

日頃は、東京に住んでいる方がライブに行きやすくて恵まれていると思うのですが、こういう時はちょっと悩んでしまいます。

■2009/03/18(水) ZEPP SENDAI(宮城)  
■2009/03/19(木) ZEPP NAGOYA(愛知)
■2009/03/22(日) ZEPP OSAKA(大阪)  
■2009/03/24(火) NHKホール(東京)
■2009/03/25(水) NHKホール(東京)

beck.com
Beck Modern Guilt マイクロサイト

2008年10月19日 | Comments(4) | 音楽[B]

時限爆弾と、救済と。

体調絶不調期にも、一応ちょこちょこと新しい音楽は購入していました。
ただ、疲れが泥のように溜まった沼のような体には、音がちゃんと響いてこなくて……。
澄んだ水に光が差し込むように音楽に入ってきて欲しいのですが、まだちょっと、薄く濁った水の向こうで音が鳴っている感じなんですよね。

とはいえ、この2曲に関しては8月中に書いておかなくちゃ。

BeckのシングルTimebomb(iTS)と、HASYMOのRESCUE。

Beckの方は、4月の来日時にも披露されていた曲でしたが、The Go-Go'sやビーチボーイズ風のコーラスがフィーチャーされた夏っぽいアレンジとなっています。でも、どこか醒めたメカニカルな空気が漂っているところがBeckっぽいというか。エアコンがキンキンに効いた部屋で聴きたい感じです。

timebomb



HASYMOのRESCUEはライブアース中継やテレビで放映された5月のライブなどで聴いていたものの、やはりちゃんとした音質で聴くと、磨かれた音が心地よいですね。ガムランっぽい音とプツプツ、キュッキュッなエレクトロニカ音のコンビネーション、浮遊感のある女性コーラス。アジア(もちろん日本を含む)の都会の夜に似合う音ですね。

RESCUE/RYDEEN 79/07 RESCUE/RYDEEN 79/07
HASYMO/Yellow Magic Orchestra (2007/08/22)
エイベックス・エンタテインメント

この商品の詳細を見る(amazon)
iTS


と、書き留めたところで、2007年の夏はもうおしまい。
あと数時間で、さよなら、8月。
Time bomb tickin', time bomb tickin', time bomb tickin', tick, tick, tick, tick.....
2007年08月31日 | Comments(6) | Trackback(0) | 音楽[VA]

Beck @ 日本武道館 April 16. 2007

最初はZepp Tokyoだけのつもりだったんですが。行っちゃったんです、武道館も。

最初パペットだけでLoserが流れ、後から本人達が出てきて「ガッ!!」と音圧が上がる瞬間!分かっていても、アドレナリンがぴゅー!テンション上がります↑↑↑

録音しているわけじゃないから冷静に比べられませんが、武道館の演奏の方が音にエフェクトをかけたりする遊びが多かったような印象がありました。Zeppの時は5列目だったので、後ろのスクリーンよりもベックたちを生で見ていることが多かったのですが、武道館ではアリーナEブロック。すきまから生ベック達もちょこちょこ見えましたが、前方の背の高い人たちがくっついている時はスクリーンをメインに見ていました。パペットたちの画像が万華鏡のように加工されていくさまを目で追って音を聴いていると、トリップしそうな感じ。前回は汗だくガンガン体育会系でしたが、今回の私はどちらかというと幻想モードだったかも(それでも腕振り上げて踊ってましたけどね)。

beck


大会場のライブに行くと、スクリーンに映る映像を見にいったのか、遠いステージ上の小さな人影を見にいったのか、分からくなってしまうことがよくあります。でも今回のベックのツアーではスクリーンに映るのが、リアルタイムで操作されたパペット達なだけに、さらに複雑です。
パペット映像をバックに、ライトを浴びて立つベック(帽子+白シャツ+黒ベスト+黒パンツ+ギター)の姿。なんだか完璧なフィギュアのようで(オフィシャルのトップ画像↑みたいに)、そこにいるベックは一体現実なのか、実はやっぱりパペットの口から声が出ているんじゃないかとか、だんだん頭の中がぐしゃぐしゃになってきます。同じ空間の中にいるのだけれど、光と影の中に浮かび上がる姿も、スクリーンの映像も、どちらも直接触れることのできない一時の夢。全て記憶に焼き付けておきたくても、時間はどんどん過ぎていく。

ライブの醍醐味って、CDとは違うアレンジが聴けたり、大音量の迫力を味わえたり、照明や映像と一緒に音を楽しめたり、もちろん実物を生で見られたりと、いろいろあります。でも、つい次々と足を運んでしまう中毒性は、現実であると同時に夢であるものが過ぎてしまった寂寥感を埋めたくて、また夢に手を伸ばしてしまうところにあるのかな、などと思ったのでした。

以下、忘れないうちに雑感をだらだら記録しておきます。
ベックもけっこう色々しゃべったり、ラップの冒頭を東京バージョンにアレンジしてたり、最後の夜を楽しもう(でも、あくまでもゆるーく)って気分があったと思います。Zepp Tokyoではやらなかったメンバー紹介もやったし。(メンバー紹介の時まで、スクリーンに映るのはパペット!)クマの着ぐるみは無かったですけど。(私の場所から見えなかっただけ?無かったですよね?)
あと、「ぼくらステージ上に散らばってるから、ちょっと集まるよ」とか言って、ステージ右側に全員ぎゅっと寄ってTropicaliaをやったりしましたが、小さいステージで肩寄せあっている方が好きなんでしょうかね?Tropicaliaでベックのボーカルが最高潮に迷走するのがすんごい可笑しくて、心の中で爆笑しちゃいましたけど。転調ですか?あれ(笑)

パペット映画"Beckzilla"は、ちゃんとオープニングが武道館前になっていて、Zepp Tokyoの時には無かった日本語字幕が付き、日々ちょこちょこと更新されていく細かい手作り感覚になごみました。

武道館でライブを見るのは本当に久しぶりだったのですが、最初のうちベースの音が大きすぎて割れ気味だと思ったら、Soldier Janeの前半でベースが全然聞こえなかったり、ハウリングとか、変にバリバリしたノイズとか、音響的に気になることがすごく多かったです。Soldier Janeはベースの存在感が大きい曲だから、すごく気になっちゃいましたよ。(単にステージ上でプラグが抜けてただけだったりして?)
あと、アリーナをスタンディングにするときには、建物内にもクロークかロッカーを用意して欲しいな。

そんなこんなでしたが、雨の九段下の坂道で転ぶこともなく無事帰って来ることができました(笑)。アコースティック・セットのメイン3曲(Lost Cause, Lonesome Tears, The Golden Age)の余韻にひたって、地下鉄の窓に淡く映る自分の顔や人々の姿に、ギターを弾くベックの後姿の映像を重ねながら。

Golden Age / Clap Hands
(Loew's Theater, Jersey City, October 21, 2006 )


Lonesome Tears


☆Zepp Tokyoでもリンクさせていただきましたが、ROSEMINT cafe さんのところに、武道館のセットリストがあります。私はセットリスト覚えられないので助かります!


2007年04月17日 | Comments(5) | Trackback(0) | 音楽[B]
 | HOME |  NEXT »»

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。